レゴで作られた廃墟な館 – Mike Doyle


レゴアーティストの Mike Doyle さんが様々なレゴパーツを使って作られたヴィクトリア様式の廃墟の家です。レゴで作られたとは思えないスゴい作品です。
0464-01.jpg

△ Victorian on Mud Heap

この作品には11万個以上のレゴパーツを使用されていて、制作時間は600時間だそうです。
ヴィクトリア調の細かい装飾が見事に表現されています。


0464-02.jpg
△ Three Story Victorian with Tree

こちらの作品は5万個以上のパーツが使用され、制作時間は450時間だそうです。
倒木で崩壊した感じとか枝の表現とかがすごいですね。

0464-03.jpg

△ Two Story with Basement

こちらが最初の作品だそうです。雪やつららの表現がすごいですね。扉の感じがいいです。

画像が小さいのでレゴな感じがわかりにくいですが、Mike Doyle さんのブログでは、拡大写真や他にも細部の写真、メイキングなどが見れますのでこちらで見てみて下さい。
mikedoylesnap.blogspot.com

徐々に作品が大きく、細かくなってってますね。次の作品はますます大作になるのでしょうね。是非作って欲しいです。

[via:Make]

▼カテゴリー

スポンサードリンク

▼この記事のタイトルとURL

コメント(0件)

▼コメントの投稿▼

  • お名前はニックネームで構いません。空欄の場合「匿名」と表記されます。
  • メールアドレス・ウェブサイト(またはSNSページ等)は任意でご記入ください。メールアドレスは公開されません。ウェブサイトはお名前にリンクされます。
  • アバター画像は Gravatar をご利用になれます。
  • コメントを削除されたい場合はコメント欄かメール、SNS等で管理人にご連絡ください。

計算式の答えを入力して下さい。 *(必須)

その他の記事