La Machine の巨大蜘蛛型機械人形『La Princess』


2009年、今年ももうすぐ終わりです。
しちごろが今年一番心に残ったことは、横浜開港150周年記念の開国博Y150のプレイベントで『 La Machine (ラ・マシン) 』の2匹の巨大蜘蛛型機械人形『 La Princess (ラ・プリンセス) 』の市街パレードを見に行ったことです。
29-1.jpg

ラ・マシンはフランソワ・ドゥラロジエール(Francois Delaroziere)が劇団ロワイヤル・ド・リュクスやショーの技術者などのクリエーター達と1999年に立ち上げた会社です。
29-2.jpg
ラ・プリンセスは、ラ・マシンが2008年に初めて発表した『 Les Mecaniques Savantes (レ・メカニック・サヴァント) 』(博識な機械) という巨大人形達を動かすパフォーマンスの代表作です。
29-3.jpg
そのレ・メカニック・サヴァントのパフォーマンスを、横浜で披露したのです。
まさか、日本に来るなんてっ。しかもだいぶ長い距離をパレードするなんてっ。
29-5.jpg

こんな巨大なオブジェが信号機をまたいだりして、街を歩いているのを見れるなんてっ。
興奮しまくりでした。本当にすごかった。ちょっとエクトール・ギマール風のゴンドラに乗った楽団の生演奏がとても合っていて、大掛かりな大道芸といった感じでした。

天気も良く、ときおり吹き出す水がかかったりなんかして、こんなにわくわくしたのも久しぶりでした。

29-6.jpg
甲殻のフォルムといい、操縦席の作りといい、ホースやコードの下がり具合いといい、とってもとっても素敵です。
29-7.jpg
プレイベントのパフォーマンスはストーリーがあり、3日間かけて行われました。水中から引き上げたり、火が吹いたり、ライトアップされたり、壮大でした。
29-4.jpg
ラ・マシンは他にも象や少女などの人形達のパフォーマンスを披露しています。
他の人形達も見てみたいです。
サイトはこちらから。
LA MACHINE

今年は、このブログ『 しちごろく 』と『 shichigoro.com 』のサイトを開設できました。
見て頂いてる皆様、しちごろを応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。それでは良いお年を◎

▼カテゴリー

スポンサードリンク

▼この記事のタイトルとURL

コメント(0件)

▼コメントの投稿▼

  • お名前はニックネームで構いません。空欄の場合「匿名」と表記されます。
  • メールアドレス・ウェブサイト(またはSNSページ等)は任意でご記入ください。メールアドレスは公開されません。ウェブサイトはお名前にリンクされます。
  • アバター画像は Gravatar をご利用になれます。
  • コメントを削除されたい場合はコメント欄かメール、SNS等で管理人にご連絡ください。

計算式の答えを入力して下さい。 *(必須)

その他の記事