ロード・オブ・ザ・リングのホビット村の新住人


映画「ロード・オブ・ザ・リング」で、小さなホビット族が暮らしていたホビット村。

ニュージーランドにある村の跡地は『Hobbiton』と名付けられ、観光名所となっているそうですが、今はその小さなお家に新しい住人がいるそうです。
0182-4.jpg
映画「ロード・オブ・ザ・リング」のホビット村のロケ地は、ニュージーランドのマタマタ(Matamata)の郊外にある農場でした。
撮影終了後、農場主さんはちょっとした観光名所を作ろうと思い、ホビットの家をいくつか残してもらったそうです。
0182-1.jpg
映画の写真が貼られた立て看板があります。ちょっとわかりにくいですが、左の入り口だった丸いところの脇に、人がしゃがんでます。大きさはそんな感じですw。

農場主さんの計画は成功し『Hobbiton』と名付けられたその村は、多くの映画のファンが訪れツアーまで組まれてるそうです。
しかし、最近は新しい住人がいるそうです。それはニュージーランドの羊たちです。
0182-2.jpg
0182-3.jpg
[photos by Miss Rogue]

かわいいですねー。大きさといいビジュアルといい、ピッタリな気がします。
もともと農場だし、そこで飼われてる羊なんでしょうか。
土が入っているので、勝手に入っているというよりは、もうお家にしてるんでしょうね。

今でももちろん観光出来ますが、この映画のブームも過ぎて観光客も減っただろうし、やり手の農場主さんの有効利用法なんですかね。

[via: Lost At E Minor]

▼カテゴリー

スポンサードリンク

▼この記事のタイトルとURL

コメント(0件)

▼コメントの投稿▼

  • お名前はニックネームで構いません。空欄の場合「匿名」と表記されます。
  • メールアドレス・ウェブサイト(またはSNSページ等)は任意でご記入ください。メールアドレスは公開されません。ウェブサイトはお名前にリンクされます。
  • アバター画像は Gravatar をご利用になれます。
  • コメントを削除されたい場合はコメント欄かメール、SNS等で管理人にご連絡ください。

計算式の答えを入力して下さい。 *(必須)

その他の記事