デジタルグラフィティー at バンクーバーオリンピック村


2010年バンクーバー冬季オリンピックの真っ直中ですが、そんなバンクーバーのオリンピック村内に『デジタルグラフィティー』なる巨大なデジタルな”壁”が設置されています。

0000082-digital-graffiti-at-the-olympic-village-01-320

この作品を描いている動画や他の動画もありますよ。

オリンピック村のデジタルグラフィティーです。

誰が描いてるんでしょうね。オリンピック選手とかも利用してるのかな。
Digital Graffiti at the Olympic Village

すごいですねー。こういうスポットがあったら、スプレーが飛び散ったりペンキまみれになったりせず、気軽に楽しく描けますね。
クラブなどで、DJが回す横でグラフィティーアートを描いてるイベントがよくありますが、これがあれば気軽に誰でも参加出来ますね。

次の動画は、このデジタルグラフィティーにステンシルを取り入れてます。
意外とツールが豊富なのかな?細かいエアブラシ表現とか出来たらいですね。
Digital Graffiti Wall + Stencils

このステンシルシートがあればレタリングが簡単に出来ますね。
シートも簡単に作れるだろうし、おもしろいですねー。

次の動画はコンバースのキャンペーンみたいです。
たぶん道行く人も参加してるみたいです。楽しそうです。
Digital Graffiti Wall for Converse

かっこいいですねー。
背景がコラージュみたいになってますが、画像を取り込んでるんでしょうかね。コラージュ出来るのもいいですね。デジタルだと表現の可能性が広がりますね。

次の動画はMSA RemoteというiPhoneとiPod Touch用のフリーのリモコンアプリケーションを利用したそうです。iTuneでダウンロード出来ます。
Graffiti Wall meets MSA Remote

このデジタルグラフィティーを作ったのは Alex Beim さんというグラフィックデザイナーの方で、ウルグアイのモンテビデオで10年間、自身のグラフィックデザイン事務所を経営していて、国内初となるグラフィックデザイン誌を発刊するなど、南アメリカのデザイン界に大きく貢献されたそうです。
その後アメリカに渡り、大手企業の仕事に携わっているそうです。

他にもいろいろな作品を作られていて、ライティングアート主なようです。
次の動画も作品のひとつなのですが『Zygote』という巨大ボールです。
よくライブやレイヴなどで巨大ボールを観客席に投げ込んで、観客がそれをたたいて飛ばすのあるじゃないですか。それの光ってる版です。
この動画はルーマニアのブカレストでのケミカル・ブラザーズのライブのプレショーに使用された時のです。
Zygote at Chemical Brothers pre-show in Bucharest

エンターテイメントな作品を作られてるようですが、本当に楽しくなりますね。

Alex Beim さんの Vimeo のページです。
デジタルグラフィティーのプロトタイプや他の作品の動画が見れますよ。
Alex Beim [Vimeo]
Alex Beim さんのサイトです。
Tangible Interaction

▼カテゴリー

スポンサードリンク

▼この記事のタイトルとURL

コメント(0件)

▼コメントの投稿▼

  • お名前はニックネームで構いません。空欄の場合「匿名」と表記されます。
  • メールアドレス・ウェブサイト(またはSNSページ等)は任意でご記入ください。メールアドレスは公開されません。ウェブサイトはお名前にリンクされます。
  • アバター画像は Gravatar をご利用になれます。
  • コメントを削除されたい場合はコメント欄かメール、SNS等で管理人にご連絡ください。

計算式の答えを入力して下さい。 *(必須)

その他の記事